META FASTEST

登録

使い方

その他

METAFASTEST、グローバル取引所LBANK上場

現在、メタバースNFTと結合されたブロックチェーンゲームは、世界の多くの企業と個人に大きな関心を集めている。

VNCE会社はベトナムにあるNFTプラットフォームブロックチェーンの開発と運営する専門会社で、世界で初めてスポーツ競馬分野に進出するためにメタバースNFT3D競走馬プラットフォームである「メタフェスティバル(METAFASTEST)」を開発し、実サービスを提供している会社だ。

VNCE会社のMETAFASTESTでは7月1日、グローバルデジタル資産取引プラットフォームであるエルバンク(LBANK)に「メタエフトークン(METAFTOKEN)」を公式に$0.05に上場し、現在$0.4376で成功的に上昇中だと7月11日明らかにした。

また、VNCE会社はこれから始まり、今後段階別にMETAFASTESTシステムを利用するグローバルユーザー層を100万人作り、フオビ、世界1位のグローバル取引所であるバイナンスのようなグローバル大型取引所に追加上場するための計画も立ており、METAFトークンに対する価値を上げるべく、グローバルユーザーに提供するリアルタイムサービスを支障なく進め、中長期的な計画を立てて進めていると明らかにした。

VNCEは2022年1月METAFASTESTサービスを開始し、TRC-20ブロックチェーン基盤のNFT競馬ゲームで世界で初めて開発されたブロックチェーンでNFT化された3D競走馬P2E(Play-to-Earn)ゲームであり、Coin総発行量は8億個だ。

競馬は「王様のスポーツ」と呼ばれ、現在は世界的に多くのファン層を確保しているスポーツゲームに発展している。

METAFASTESTのすべてのプレーヤーは、マーケットプレイスで購入したNFT化された馬を保有することができ、交配を通じて子馬が生まれ、子馬は馬小屋で飼育された後、マーケットプレースで販売して最高の収益を作ることができる。

世界で初めて3D競走場であるアリーナ競走場をオープンし、すべての馬がダイナミックな競走を24時間最大180回から205回行い、競走に参加した競走馬所有者と賭けを通じて当選したユーザーには莫大な収益を得られる賭けシステムを業界で初めて適用した。

また、METAFASTESTは、「アイテムショップを運営し、競走馬のコンディションや疲労回復を向上させ、能力値を上昇させてアリーナ競走でレースに参加する競走馬の優勝可能性を高めることができる」と話した。

METAFASTESTの競走馬はNFT化されており、安全に取引·管理することができ、METAFASTESTマーケットプレース及び世界最大のNFT取引所であるOPENSEAとバイナンスNFT取引所に登録され、現在取引中である。

METAFトークンはMETAFASTESTが構築した競走馬取引、交配、馬小屋購入、3Dアリーナ競走参加賭けとアイテム購買などに基軸通貨として使用する生態系の中で使われる確実なトークンだ。

今回のVNCEはMETAFASTESTMETAFトークン上場と共に、競走馬に対するコイン使用先が確実な生態系を土台に追加的な多くのユーザーを確保していく実サービスで多くの会員に高品格の3D競走とベッティングを通じた収益システムを作っており、より多くの期待を集めている。

LBANKは2015年に設立され、多様な暗号化資産のための革新的なグローバル取引プラットフォームであり、現在全世界210以上の地域で700万人を超えるユーザーがいる最も人気があり信頼できる暗号通貨取引プラットフォーム。